DoYouNET - NPO同志社大学産官学連携支援ネットワーク

特別回 2011年9月20日(火)開催

ゲストプレゼンテーター紹介

松本 隆博
ゲストスピーカー
「起業までの苦労、働くとは、会社で生きる、活きる手法     (笑顔素直感謝)」
松本 隆博
(まつもと たかひろ)
■オフィシャルサイト「松本隆博」
http://www.takahiro.cc/
■松本隆博ing~PV(講演会PV)
http://youtu.be/LyMrYdUCUqk
兵庫県尼崎市出身。
大学卒業後、SEとして金融機関、商社等を渡り歩く。
大手電機メーカーグループ・システム会社で150 名を束ねる
事業部長職を経験し、2003年には東京進出、ITベンチャー
企業を設立し経営者として6年間活躍。
また企業経営者と並行して全国の社会施設や地域で講演ライブをスタート。
2009年にはもっと社会を明るく元気にしたい!」と一念発起し独立。
「働くとは?」「家族の絆」といったテーマで高校、大学、企業、全国公共地域でのセミナー講演会を精力的に展開し、開催数は3年間で300箇所以上にも。
やさしい語り口調とギターを持ちながらの講演セミナースタイル で、「泣き笑い感動ライブ&トークセミナー」が持ち味。2008 年にはシンガーソングライターとしてメジャーデビューを果たす。

通算1,000回超!2010年は206回の講演、ライ ブを日本各地で敢行した本物の実績!

レポート

会場は定員を超える人で埋まりました。
はじめに「かぞく」という優しい歌を聞かせていただきました。
 
社会貢献的エンターティナーという肩書きをもたれる松本さん。
 
仕事というのは誰かが喜んでいるから、お金がもらえる。
働くとは、自分が人のために役立って、「ありがとう」と感謝されて
お礼にお金をいただく事で「ありがとう」の対価がお金になる。
つまり仕事そのものが社会貢献なのであるから
仕事をしている人はみな社会貢献的○○(○○には職業の名前をいれて下さい)と
言えるのではないかとお話をしてくださいました。
 
エンターテイメントは昔から、人を感動させたり元気になってもらう行為であり
そのものが『社会貢献』。敢えて「社会貢献的エンターティナー」という肩書きを
名乗る事は、それぞれの働きが感謝を呼び、社会を活性化している事を
人々が忘れがちである昨今、大変いいネーミングであると言われた事がおありになるそうです。
 
そして、松本さんの様々なご経験から学ばれた、
スキルだけでやっていける時代ではない現代に、「笑顔」と「感謝」を忘れないことと
そしてその「感謝」を周りに連鎖させて欲しいとおしゃっていました。
最後にはno good ではないnever give upの「ng」という曲をご披露いただき、
場内は感動の拍手でいっぱいになりました。
 
座談会では、皆さんの質問に丁寧に答えていただき、
サンドイッチをつまみながら、和気藹々と身近にお話をしてくださって、
参加者の皆さんが大変喜んでいただける会となり、大盛況でした。
 
 
 
pagetop
NPO法人同志社大学産官学連携支援ネットワーク
今出川オフィス
〒602-0023 京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103
同志社大学今出川キャンパス寒梅館2階(リエゾンオフィス内)
Tel: 075-251-3147 Fax: 075-251-3046
E-mail:staff@doshisha-net.org
京田辺オフィス
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学京田辺キャンパス同志社ローム記念館2階(リエゾンオフィス内)
Tel:0774-65-6223 Fax:0774-65-6773